Warning: Use of undefined constant THEME_NAME - assumed 'THEME_NAME' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/owenweb/owen-style.com/public_html/camera/wp-content/themes/cocoon-child-yhei/functions.php on line 54

Warning: Use of undefined constant THEME_NAME - assumed 'THEME_NAME' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/owenweb/owen-style.com/public_html/camera/wp-content/themes/cocoon-child-yhei/functions.php on line 56

Warning: "continue" targeting switch is equivalent to "break". Did you mean to use "continue 2"? in /home/owenweb/owen-style.com/public_html/camera/wp-content/plugins/types/vendor/toolset/types/embedded/includes/wpml.php on line 644

Warning: "continue" targeting switch is equivalent to "break". Did you mean to use "continue 2"? in /home/owenweb/owen-style.com/public_html/camera/wp-content/plugins/types/vendor/toolset/types/embedded/includes/wpml.php on line 661
海外の写真と日本の写真は違う!ここを意識すれば写真がもっと活きる! | 一眼レフ・スマホ撮影の悩みが解決!Lirec

海外の写真と日本の写真は違う!ここを意識すれば写真がもっと活きる!

トピックス

海外の写真をみたことはあるでしょうか?

まるで日本の写真とは別物です

日本の写真が悪いとかそういう意味では全くないですが、一目で違うとわかるレベルです。

そんな海外の写真と日本の写真の違いについてお話していきたいと思います。

まずは一度実際に見てみましょう

海外の写真投稿サイト

500px

日本の写真投稿サイト

PHOTOHITO

一目見て、「違う」と思いませんでしたか?

日本はあくまで”写真”ですが、海外の写真は作品です。

この表現は少し極端に聞こえますが、それぐらいの違いがあります。

どちらが良くてどちらが悪いというわけではないですが、個人的には海外の写真の方が好みではあります。

ただ、写真を撮るにしても記録写真なら誰でも撮ることはできます。

写真を作品に仕上げることで、写真が活きて、より価値を深めることができると思っています。

でも、一体何が違うのか?

ロケーション、空気感、モデルの骨格・・・

どれも要素としてはありますが、それだけではこの違いは生まれません。

構図が違うという意見も聞いたことがありますが、それだけではありません。

海外は”色”が違う

ずばりこの部分でしょう。

色の見え方、色のこだわりが違います。

これは生まれた環境の違いもあり、色の濃いものが日本よりも日常的に充実していることが影響していたりするかもしれません。

また、しっかり編集ソフトを使いこなしており、カラコレ作業を行っているカメラマンが多い印象です。

カラコレがわからない方はこちらの記事を参考にどうぞ

【写真現像】なんてことない写真を作品に仕立てあげてみた!Light roomでカラーコレクションをしてみる!

色だけで写真はこんなに違う!

  • 使用カメラ:Nikon D750
  • しぼり値:f/9
  • シャッタースピード: 1/200秒
  • ISO: 100
  • 焦点距離:29mm

今回知って頂きたいことはこの部分です。

海外の写真の良さは「ロケーションがいいから」「海外の人は絵になるから」「空気が澄んでるから」。。。といった理由だけではありません。

ぜひこれからは写真の色にも注目してみてみてください!

ホワイトバランスにグリーンやマゼンタを混ぜてみるだけで、印象はガラッと変わります。

コツとしては一瞬見て、わかるかわからないか程度に色を入れてあげることです。

音楽でいうと薄っすら入っているコーラスのようなイメージです。

よく聞けばわかるけど、意識しなければハッキリ聞き取れない・・・そんな感じで脇役手度に色を入れてあげるのがベストです。

白黒にも”色”がある

白黒写真にすればたいていの写真は格好よくなりますが、白黒にも色があることをご存知ですか?

微妙に緑が入っていたり、赤が入っていたり・・・

そういった白黒への気遣いもしていくことで、写真の表現の幅が広がり、クオリティも向上していきます。

日本は”格好いい”より”可愛い”が人気の傾向にある

日本の写真はなんとなく、柔らかいイメージの写真が気に入られる傾向にあるように感じます。

花で例えるとのようなイメージです。

海外、特に白人や黒人が撮る写真はクールでコントラストが強めの写真が気に入られる傾向にあるように感じます。

こちらは花で例えると薔薇のようなイメージですかね。

なんとなくイメージができるでしょうか・・・?

ちょっとここで、桜と薔薇の写真を日本風と海外風で極端に表現してみます。

日本風の桜

海外風の桜

  • 使用カメラ:Canon 70D
  • しぼり値:f/16
  • シャッタースピード: 1秒
  • ISO: 200
  • 焦点距離:35mm

桜吹雪をイメージした写真です。

日本風の薔薇

海外風の薔薇

  • 使用カメラ:Canon 70D
  • しぼり値:f/36
  • シャッタースピード: 250秒
  • ISO: 100
  • 焦点距離:210mm

柔らかい印象ではなく、質感を際立たせて、妖艶さを出しています。

【まとめ】極端ですが、これぐらい日本と海外の写真は違います。

自分がどのような写真を目指したいか再確認をして、見る写真も変えていくことで、今後のカメラライフがより良い方向へ行くと思います。

写真を撮ることも大切ですが、たまにはいろいろな写真を見てみるのも面白いですよ!

ぜひこの機会に、海外の写真にも興味を持っていただけたらと思います。

そして、色について意識して見てみると写真の表現も変わることを忘れずに!

コメント